ブログトップ

さくらのはな

斉藤優里(乃木坂46)ー赤く頬を染めてー



f0340224_22585101.jpg


さくらんぼ実る頃 鳥たちは浮かれて歌うよ 誰かに恋して
愛する人の腕に抱かれて うれしさにふるえてた
君は赤く頬を染めて いつもよりずっときれいだよ

さくらんぼの耳飾り 燃える耳に飾る頃 どこかで聞こえる
手をつないで歩く二人によく似た さくらんぼの赤い実が
小道のそばで木の陰に しずくのように落ちる音

恋の終りおそれるなら さくらんぼの赤い実を 愛してはいけない
あふれるよろこびがいつかきっと 苦しみに変わるころ
愛をうたった鳥は去り 季節の終りを告げていく

さくらんぼ実る頃 心は今もゆれている あの日と同じように
傷ついたまま消えない思い出 胸の奥でふるえてる
どんなに時が過ぎても あの日の恋を忘れない

さくらんぼ実る頃



さくらんぼの実る頃

作詞:J.B.Clement
作曲:A.Renard
日本語詞:加藤登紀子

[PR]
by nogizakatksn | 2014-07-25 06:00 | 乃木坂46 優里 | Comments(0)